他社から借り入れがある人は即日融資できる?

急な出費に見舞われた時に便利なのがキャッシングですが、契約している金融機関からの追加融資が難しい場合、別の消費者金融の即日融資を検討することになります。既に他社からの借り入れを行っている場合、別の会社の即日融資を利用することは可能なのでしょうか?

 

審査のハードルは高め

消費者金融にしろ銀行カードローンにしろ、お金を借りる前には必ず審査が必要になります。
審査では年収や年齢、職業などの情報から返済能力を測ったり、信用情報をチェックしたりします。

 

即日融資の場合、審査時間が短くなるため、通常の融資よりも審査の基準が厳しくなる傾向にあります。

 

また、信用情報には過去や現在の借入状況についての情報が記載されています。信用情報に延滞や事故の記録がある場合、審査に通るのは難しいでしょう。
たとえ返済が順調でも、借入件数が多いとキャッシングの審査は難しくなります。即日融資の場合、他社からの借り入れが3件以上になるとその日の内に借りるのは厳しいです。
件数が5件以上になると即日融資どころか新規申し込みはまず不可能になってしまうため、借り入れが複数にまたがってしまっている場合はおまとめローンなどを使用するようにしましょう。

 

総量規制に注意

消費者金融では総量規制により利用者の年収の3分の1を超える金額を貸すことはできません。金額は金融機関単位ではなく利用者単位で計算するため、他社からの借り入れで上限いっぱいまで借りている場合、即日融資は不可能です。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外のため、ルール上は総量規制以上の借り入れも可能です。しかし、銀行カードローンでは即日融資はできません。さらに、消費者金融に比べると審査基準が厳しいため、他社からの借り入れが多い場合、審査に通過するのは難しいです。

 

 

情報は正確に

申し込みの際は氏名・年齢・住所の他に、他社からの借入状況についても答えます。他社からの借入状況は審査の可否に大きく影響します。
中には、審査に通りやすくするために嘘の状況を伝える人もいますが、嘘をつくと審査ではかえって不利になります。

 

借入状況については信用情報を調べれば簡単に分かってしまいます。下手な嘘やごまかしをせず、素直に現況を伝えましょう。

 

早めに行動することが大切

即日融資では早めに行動することが非常に重要です。

 

自動契約機からの申し込みは夜でも受け付けていますし、インターネットからの申し込みは24時間いつでもできます。

 

しかし、審査を通過しなければ借り入れはできません。
審査が行われるのは営業時間の間だけで、夜中に申し込んでも審査結果が分かるまで時間がかかります。通常、審査にかかる時間は1時間程度ですが、審査内容や混雑状況によってはもっと時間がかかってしまう場合もあります。

 

振込融資の場合はさらに時間に注意が必要です。金融機関にもよりますが、当日中の振込依頼を受け付けているのは平日の14時ごろまでです。この時間に間に合うためにはそれまでに審査と契約を終えていなければなりません。

 

即日融資はもたもたしていると間に合わなくなってしまいます。必要だと分かったらすぐに行動に移しましょう。