キャッシングの仮審査と本審査

キャッシングを利用するためには審査に通過しなければなりません。
審査には仮審査と本審査があり、それぞれで審査の方法や審査内容が微妙に異なります。

 

即日融資では、スムーズに審査通過できるかどうかが明暗を分けます。無事審査に通過し即日融資をするためにも、2つの審査の違いについて知っておきましょう。

 

 

仮審査とは?

最初に行われる審査です。
申込時に記入・入力した情報を元に審査を行います。

 

年齢や職業、年収、雇用形態、結婚の有無などの属性に点数をつけ、融資に必要な条件を満たしているかを総合的に判断します。仮審査では過去の膨大な貸し付けデータと照らし合わせ、機械的に判断されます。

 

審査はコンピューターが行うため、結果はすぐに分かります。

 

本審査とは?

仮審査に通過した人に対して行われる審査で、今度は人間が審査を行います。

 

提出書類に不備はないか、申込時の情報との違いはないかの確認を行います。
信用情報機関に信用情報の照会を行い、事故の情報が登録されていないかどうかの確認もこの時行います。
最後に、本当に申告通りの職場に勤めているのかどうかを確かめるために、在籍確認を行います。
その他、不審な点や間違いがなければ晴れて審査通過となります。

 

本審査は人の手によって行われるため、仮審査よりも時間がかかります。

 

審査を2段階にする理由

全ての人に対して最初から念入りな審査を行うのは手間がかかりすぎます。明らかに融資ができない人を最初の段階で落とすことで、本審査に通過する人を絞り、丁寧な本審査が可能を可能にしています。

 

また、たくさんのデータと照らし合わせたり、いろいろな項目に点数をつけて比べたりするのは、人間よりも機械が得意な分野です。反対に、書類のチェックをしたり、電話をかけたりするのは人間のほうが得意です。

 

無駄な手間を減らすことで短時間の審査が可能になり、即日融資もできるようになっています。

 

 

即日融資のコツ

即日融資では審査にすばやく通過できなければ間に合わない可能性があります。

 

仮審査は機械が行うため、短時間で終わります。問題は時間がかかりやすい本審査です。

 

個人情報や提出書類に間違いや食い違いがあると、確認の必要が生じ、余計な時間がかかる原因になります。
申込時には間違いがないように、提出前に再確認するようにしましょう。提出書類は読みやすくなるように心がけます。
即日融資となると焦って雑になりがちですが、丁寧を心がけたほうが早く借りられる可能性が早いです。

 

書類に不備や確認事項があった場合に備え、申込後はすぐに電話を取れるようにしておくとさらに安心です。

過払い金返還請求とキャッシングの審査

過払い金の返還請求とは?

過払い金とは法定利息以上の借り入れにより、払いすぎた金銭のことで、返還請求をすることで取り戻すことができます。

 

最後の契約から10年経つと時効になってしまうため、返還請求をするならできるだけはやく請求手続きを開始しましょう。特に返還請求でお金が戻ってくる可能性が高いのが、グレーゾーン金利の時代に借り入れをしていた人です。グレーゾーン金利があったのは2010年までですから、まだ返還請求を指定ない人はそろそろ急ぐ必要があります。

 

返還請求をすれば、新たな借り入れをしなくても十分間に合うかもしれませんし、時効になる前に請求するべきです。

 

返還請求先の業者から借り入れするのは難しくなる

返還請求をすること自体は適法で当然の権利ですが、業者から見ればあまり気持ちの良いものではありません。金融知識のある客だとみなされれば、その業者の審査に通りにくくなる可能性があります。

 

審査基準はどの金融機関でも非公開で、審査に落ちた場合もその理由を明らかにすることはありません。返還請求を理由にして不合格としたとしても、外部の人間にはわかりません。

 

返還請求をした業者からは借りにくくなるということは覚えておいてください。

 

返還請求により他の業者の審査に影響が出ることはない

過払い金の返還請求によって、請求先の業者の審査には通過しづらくなりますが、他の業者の審査に影響はありません。

 

キャッシングやクレジットカードの審査では、信用情報の確認をします。
信用情報には、ローンの契約状況や、借入・返済の状況、債務整理の情報などが登録されています。
信用情報に長期延滞や債務整理の記録があると審査に通過するのは困難になります。いわゆる「ブラック」の状態です。

 

ブラックとなる場合、基本的に債務者に非があることが多いのですが、以前は返還請求でも債務整理と同等に登録され、ブラックになってしまうという問題がありました。業者が利息を取りすぎていたがために返還請求を行っているのに、なぜか請求側に非があるような登録をされていたのです。返還請求がしにくくなるだけでなく、ブラックになったことでクレジットカードが作れなくなったり、自動車ローンが組めなくなったりなどで困る人も少なくありませんでした。

 

幸い、現在は過払い金の返還請求でブラックになってしまうことはなくなっています。安心して返還請求手続きを進めてください。